亡きpedia

meicon
  • ナキガラの概要
  • ナキガラの各部位
  • ナキガラの生態
  • ナキガラの亜種
  • ナキガラと副葬品
  • ナキガラ事変
  • ナキガラの人間研究
  • 脚注と編集履歴

ナキガラの概要

ナキガラは名称の通り<死んでいるモノ>の総称であり、それ以外は不明瞭な謎の生物である。
多くの種は天寿を全うし亡くなっているが、死因調査を行うと事故などで亡くなっているケースもある。
身体は4~5cm程で、色は一般的に白色。発見時には木製の棺桶に入った状態で存在している。
近年、変異体なども見つかっているため更なる研究が求められる。


ナキガラの各部位

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤線 中間の線は上半身と下半身のおおよその境目。

各部位を表記したが『口』以外は、実際は特定されていない。あくまで推測である。

 

 

棺桶のサイズは縦4.6㎝横2.4㎝高さ1㎝木3㎜

一般的なナキガラの体長は4㎝程度で棺桶に収まるサイズ。

重量はナキガラ単体で1㌘、棺桶に入った状態で5㌘前後だが生きている状態だと1万㌧にもなるナキガラもいるらしい。

 

 

 

 

ナキガラの生態

すべてのナキガラには痛覚がなく、苦しいという感情がないもよう。

好奇心旺盛で、モノマネ、人真似が好きな事から圧倒数のナキガラが手術をした経験があり、まれに縫合跡も見られるが、フェイク手術跡やわざと残しているケースも多くある。

一応、完璧に傷跡を消す技術も、持ち合わせているらしいが、気合で自身で身体を変化させたりも出来るらしい。

棺内の装飾は故ナキガラ(故人)の生前の趣味嗜好にそった形か、死亡時の状況のままに埋葬されているケースに基本的に分かれている。

排泄器官や排泄物が見当たらないため消化する器官があるのかは謎なのだが、食べ物と一緒に埋葬されている遺体も多く、それらを口に含んだ事による死亡例も多い。

死亡後、時間がたってから遺体が動いたり、ヨダレを垂らしたり、または副葬品を食べたのではないかと思われる遺体も多く発見されているが、何故そういった事がおこるのか謎である。

棺内に現れる涙型や丸い生物の遺体も未だ解明されていない。詳細はこちら→小ナキガラ?

 

ナキガラの亜種

●0000号0000号も参照。

2014.01.03に発見され『子』のような死骸がわきつづけているシャーレの中にある遺体。

0000号の変化

 

 

 

 

 

 

 

●0000号の子の子?
0000号の子サンプル置き場に出現した謎の生物の遺体。同種かも不明。

このこ

 

 

 

 

 

 

 

●ナキガラクッキー
ナキガラ界で古くから作られている供物らしいが材料は不明。ナキガラから産まれた可能性も否定できないが、続けて研究をしていく必要がある。

 

●凶悪テラリウム
一般的に墓地の花の種がナキガラに寄生した物やナキガラが変化した物をガラス容器などで飼育、栽培しようとした物。

これもまた死亡しているのだが、対話できる時もあるらしい。古くから『テラリウムが鳴く時、桶屋が儲かる』と言われている。

マンドラゴラとは全く別物で犬を用いなくても採集できる。

ナキガラと副葬品

副葬品は、故ナキガラ(個人)を弔う上に、共に棺に埋葬される物である。

よく副葬品として発見される物の1つが時計だ。

今までに11ナキガラ(11体)の時計が発見されている。(2018年8月現在)

発見される時計の時刻は、昼時か午後3時になっている。

0030号0058号0066号0107号0108号0109号0159号0172号0174号

0217号0262号

 

『魚のマーク』『ナキガラ絵具』『ナキガラのカメラ』『標本箱』詳細はこちら→副葬品

 

ナキガラ事変

◇ヒカリナキガラタケ事件

『ヒカリナキガラタケ』は複数の死亡ナキガラを出しているきのこ。

詳細はこちら→ナキガラタケ

 

 

 

 

 

◇ぐっちー死亡事件

◇ナキガラ界最大手アイスキャンデーメーカーの異物混入事件

◇暗くすると手痕が!の怪

詳細→NEWS

 

◇幻の光るりんご

幻の光るりんごという物も存在するらしい。

食べると死亡後に体が光るようになる。

食べたら死ぬ。

0126号0127号

 

 

 

◇いんすた蝿→ナキガラに流行っているナウイ蝿

◇ナキガラ百鬼夜行→名古屋市の文化のみちで行われた祭り。

◇ナキガラ露店→ナキガラが作った怪しい市場。金歯やりんご飴、絵の具も売っている。

 

ナキガラの人間研究

 

_20170304_152946

ナキガラ界では、人間の研究がされておりナキガラが学ぶ施設の跡地のような場所には左のような模型が存在する。

手足は②の様に足➡手と、生えてくると考えられており、口や舌は謎の部位。体内は何となくナキガラ風に理科室の人体模型を参考に考えているようだ。

 

 

 

 

自身の体を人間のように変化させたナキガラも存在する。

0123号0124号0125号は、人間の研究をいていたようで頭部が人間の脳のようになっており、擬態し人間を理解しようとしていたのではないかと思われる。

またナキガラには骨や歯、手足がないと思われるが骨や歯、足のような物をつけてる遺体も見つかっている。

0047号0048号0093号0117号0282号0302号

このことからナキガラは常に人間の身近に存在しているという事が考えられる。

 

 

脚注と編集略歴

死亡ナキガラ=死亡者

本ナキガラ=本人

等々…者や人など『ナキガラ』に変換して使用。

2016/05/04
2017/07/04 一部編集

ちょこちょこ直してるので忘れた。

2018/08/20 一部編集